スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難所体験会無事成功

外国人が災害時の避難体験

【写真説明】避難所設営を体験した後、自宅からの経路などを確かめる参加者
 外国人が災害時の避難について学ぶ体験会が2日、廿日市市住吉の市市民活動センターであった。外国籍住民の支援を続ける市民団体「ええじゃん」が初めて企画。同市や広島市に住む中国、韓国、フィリピン人たち約60人が参加した。
 参加者は避難所を想定し、段ボールで2メートル四方の間仕切りを組む作業を体験。ええじゃんの会員や市社会福祉協議会の職員とともに自宅から避難所までの経路を地図上で確認した。「緊急時に助け合うため、普段からあいさつなどで地域と関わることが大事」などと助言を受けた。参加した中国出身のパート従業員張江さん(41)=廿日市市=は「災害時にどこに逃げればいいかも分からず不安だったので相談できてよかった」と話した。  中国新聞
________________________________________
避難所体験会:外国人の目で避難考える 中国、韓国人ら60人参加--廿日市 /広島
 ◇「近所と交流なく不安」
 災害時の避難や避難所生活について考える「避難所体験会inはつかいち」が2日、廿日市市住吉2の市民活動センターであった。外国人の生活支援などをする同市の市民団体「ええじゃん(Asian)」が外国人の目線で避難を考えようと主催し、中国人や韓国人ら約60人が参加した。
 参加者は9グループに分かれ、段ボール製の間仕切りを組み立て、避難所に見立てた約2メートル四方の空間に6~7人が入った。中で地図を広げ、自宅から避難所となる学校や公民館までの避難ルートについて話し合った。
 外国人からは「言葉が分からない」「近所と交流がなく不安」といった声が上がり、「普段から日本人と外国人が交流しておくべきだ」「外国語の避難アナウンスがあるとよい」などの意見が出た。【星大樹】     毎日新聞
外国人が避難所体験「言葉の壁」に不安も
行政・くらし

段ボールで作った仕切りの狭さに驚く中国の帰国者も
 【廿日市市】災害が起きた際の避難所生活を模擬経験し外国人への支援などを話し合う「避難所体験会inはつかいち」が2日、廿日市市市民活動センターであった。中国からの帰国者や韓国人、フィリピン人ら約60人が参加し、部屋に段ボールで簡易間仕切りを設営した。外国人からは避難の際、「言葉の壁」を不安視する声が漏れた。
 体験会は、市内在住の外国人と市民レベルの交流、共助を目指し活動する市民活動グループ「ええじゃん」が初めて催した。
 参加した外国人は、避難所生活初体験。高さ約40cm・2m四方の仕切りの中に5、6人で座ると、狭さやプライバシーが確保できるのか戸惑っていた。
 自宅から避難所までの経路を地図で確認する一方、避難所での不安が浮かんできた。食料や健康面に顧慮する以上に、多くの外国人は「言葉が分からない」「簡単な日本語でも難しい」と言う声が上がった。情報の入手法や困った際にどこに相談すればいいのか分からないことも重なった。中には「普段は優しく接してくれているが、万一の際には分からない」と危ぐする帰国者も。話し合いで、改めて「コミュニケーションの難しさを痛感した」と発表するグループもいた。
 ええじゃん代表の栗林克行代表も「コミュニケーションを取る方法が課題」と指摘。日ごろの近所付き合いと助け合いの大切さなどを訴えた。 西広島タイムズ
スポンサーサイト

コメント

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://asian525.blog46.fc2.com/tb.php/34-96f260b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。